非常用電源システムCUBOXが日本赤十字社様にてご採用頂きました

昨年、日本赤十字社様の

“災害の急性期(48時間以内)に活動できる機動性をもった、専門的な訓練を受けた災害派遣医療チーム”

DMATにてCUBOXが採用されました。

3月には群馬県支部
12月には東京都支部、鳥取県支部へ納品させて頂いております。

ドクターカー等災害時支援車両のガソリン使用抑制や精密機器用予備電源等の目的で採用頂いております。
弊社製品が様々な場面で活躍出来ることはとても喜ばしいことであり、今後とも社会貢献が出来る製品開発に尽力していきたいと考えております。

■DMATとは(日本DMAT活動要領より)
・ DMATとは、大地震及び航空機・列車事故といった災害時に被災地に迅速に駆けつけ、救急治療を行うための専門的な訓練を受けた医療チームである。
・ 阪神淡路大震災では、多くの傷病者が発生し医療の需要が拡大する一方、病院も被災し、ライフラインの途絶、医療従事者の確保の困難などにより被災地内で十分な医療も受けられずに死亡した、いわゆる「避けられた災害死」が大きな問題として取り上げられた。
・ 自然災害に限らず大規模な集団災害において、一度に多くの傷病者が発生し医療の需要が急激に拡大すると、被災都道府県だけでは対応困難な場合も想定される。
・ このような災害に対して、専門的な訓練を受けた医療チームを可及的速やかに被災地に送り込み、現場での緊急治療や病院支援を行いつつ、被災地で発生した多くの傷病者を被災地外に搬送できれば、死亡や後遺症の減少が期待される。
・ このような災害医療活動には、平時の外傷の基本的な診療に加え、災害医療のマネージメントに関する知見が必要である。
・ この活動を担うべく、厚生労働省の認めた専門的な訓練を受けた災害派遣医療チームが日本DMAT(以下「DMAT」と言う。)である。

Follow me!