医療機器用電源開発について

ナユタの医療機器用電源技術の特徴

【小型・軽量化】

ナユタの電源は医療機器そのものを小型化します

ナユタの電源は医療機器そのものを小型化します

医療機器のみならず、電子機器の部品の中で一番大きいのは電源です。この電源をいかに小型・軽量化の実現が、製品サイズそのものに大きく影響してきます。

18年前には超音波診断装置において、スイッチング電源特有のノイズがカラー画像への影響を与えない、精度の高い電源を開発。世界初の技術を提供しました。この事により、超音波診断装置の製品サイズが従来より、1/4の小型化を実現しました。

【高効率化】

ナユタの電源は医療技術を向上させます

ナユタの電源は医療技術を向上させます

内視鏡カメラ用電源では、高効率化を実現。これにより装置そのものが小型化され、病気の早期発見に貢献できるようになっただけではなく、内視鏡の対象領域が広がり、また診断に加えて、内視鏡を使っての「治療」が可能になり内視鏡の可能性に対して大きく貢献しました。

【可搬型機器への蓄電制御技術・ハイブリッド技術】

ナユタ蓄電技術の応用

ナユタ蓄電技術の応用

元々非常用蓄電システム『Mobil C2 Power – Medical』は医療システム全体のノイズ対策として開発した製品でしたが、この成功により、リチウムイオン版として非常用蓄電システム『CUBOX』が誕生しました。

また、これと平行して『既存の医療機器に対してバックアップ電源を内蔵したい』というニーズに対応すべく、DC/ACインバータ・充電技術の構築を行い、現在様々な製品へバックアップ・ハイブリッド電源を開発しております。

医療機器用電源の事例

医療機器の電気安全規格であるIEC60601-1 Ed.3に適合出来る電源開発を行い、数多くの製品を開発してきました。以下はその一部をご紹介いたします。

  • 超音波診断装置用電源
  • 超音波断層装置用電源
  • 眼科検診装置用電源
  • 眼底カメラ用電源
  • 内視鏡装置用電源
  • 生体情報モニター用電源
  • 鍼電極低周波治療器
  • 血圧計用電源
  • 超音波診断装置リモコン用非接触充電器
  • 医療機器用バックアップ電源

確かな技術力と経験でお客様のご要望に対して熱く、柔軟に対応しております。是非一度お問合せ下さい。