フィリピンにおける台風22号の被害に対する食糧援助

 2022年1月16日、医療機器用特殊電源メーカー ナユタ(浜松市東区)はフィリピンにおけるの台風22号(フィリピン名:オデット)による被害に対して、レイテ島南部のマニングニング地域へ75世帯、370人分の食料援助を行いました。

 ナユタは、SDGs取組みの一環として2018年からJICAを通じて、フィリピンでボランティア活動を行い、セブ工科大学(CTU)にてIoT研究所を設立し、同卒業生のソフトウェア開発会社の独立開業支援を行ってきました。そのような背景の中、今回人道的支援として、ナユタグループ内にて義援金を集め、レイテ、パロにある飲食店オーナー(RY Camp Foodhub Food and Beverage House)の協力の元、食料援助を行いました。

 マニングニング地域は、山々に囲まれた台風が発生しやすい地域に隣接しており、政府と民間組織の両方からほとんど援助を得ていません。台風襲来以降、今だに電気がなく、生鮮食材を手に入れることができず、主にインスタントを食べています。主要な生計手段としてのココナッツ作物を失いました。

 マニングニング地域は山間部という事で、水源が遠く、その全体の給水をポンプするための電源がありません。今後、ナユタは何らかの形で、その問題に対して解決案を検討したいと考えております。

Food assistance for damage caused by Typhoon in the Philippines

 On January 16, 2022, NAYUTA provided food assistance for 75 households about 370 people (census as of 2020) to Brgy. MANINGNING, MALITBOG SOUTHERN LEYTE in response to the damage caused by Typhoon No. 22 (Philippines name: Odette) in the Philippines.

 NAYUTA has been volunteering in the Philippines since 2018 as part of the SDGs activity, establishing an IoT aboratory in Cebu Technological University (CTU), and supporting a start-up software development company with the graduates. In this background, as a humanitarian support, we collected donations within the NAYUTA Group and provided food assistance with the cooperation of the restaurant owner of (RY Camp Foodhub Food and Beverage House) in Palo, Leyte.

 Brgy. MANINGNING is adjacent to the typhoon-prone area surrounded by mountains, they barely get help from both government and private organizations.Since the typhoon hit, there is still no electricity, no access to good food and mainly eats instant goods. Lost their coconut crops as their major livelihood source.

 Since Brgy. MANINGNING is a mountainous area, the water source is far away and there is no power source to pump the water and supply the entire brgy. In the future, NAYUTA would like to consider a solution to the problem in some way.

医療機器用リチウム蓄電装置 LEMURIA(レムリア) ME3000

医療機器用リチウム蓄電装置LEMURIA 「ME3000」は、国内初のS-JQA認証(2021年8月取得完了予定)リチウムイオン蓄電装置(蓄電池)で医用電気機器の基礎安全と基本性能を確保するための製品安全規格であるJIS T 0601-1を取得。 海外においても同規格(国際規格ではIEC60601-1)を有しているリチウムイオン蓄電装置(蓄電池)は少なく、非常に稀な製品となります。これにより、全ての医療機器のバックアップ電源(蓄電池)として使用する事が可能です。蓄電容量は3,300Whで人工呼吸器(消費電力100Wの場合)が33時間連続使用可能。最大1,500W の連続出力が可能で、ワクチン冷凍庫のような高い突入電流を発生する製品でも耐えうる設計となっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。