2014年12月15日 秋葉総本殿可睡斎の「秋葉の火まつり・火防大祭」にQLIGHT登場と出店

日 時:2014年12月15日
場 所:秋葉総本殿可睡斎
住 所:袋井市久能2915-1

秋葉総本殿可睡斎は、毎年12月15日の「秋葉の火まつり・火防大祭」において、有縁無縁の皆様が、秋葉三尺坊大権現御真前にお参りされて、火防・火の用心の霊験あらたかな三尺坊様とのご縁を結んで、より大きなご加護とご利益を受ける祭事があります。
境内にて参拝者皆様の足元を照らす役目としてQLIGHTが活躍する予定です。

また!!!!今回ガイでは境内にて出店を出す予定です。
・QLIGHT、CUBOXの実機展示と販売
・防災グッズ100円均一販売
・防災食販売
・キャンプ用品展示販売
・防災食喫茶
・妖怪ウォッチ景品100円宝くじ

を行います。是非ご来店をお待ちしております。

●日程

15:00
火防大祭大祈祷
15:30
神輿渡御
19:20
松明道中
19:40
三徳祈祷
20:00
火渡り修法
手筒花火奉納
注連縄のお授け
22:00
山払い
23:30
秘法七十五膳御供式
24:00
法話
24:45
お授け
30:00(06:00)
神輿還御

秋葉総本殿可睡斎「秋葉の 火まつり・火防大祭」と電力コンビニ
秋葉総本殿可睡斎「秋葉の 火まつり・火防大祭」と電力コンビニ

QLIGHT寺社仏閣バージョン
QLIGHT寺社仏閣バージョン

災害医療現場で信頼できるリチウムイオン蓄電装置 CUBOX

2011年に発生した東日本大震災により、企業・自治体の防災対策、BCP(事業継続計画)対策に対する考え方が大きく変わりました。例えば東京都では、災害発生時に帰宅困難者となる社員が、3日間にわたり会社に待機できるよう備蓄をする条例(帰宅困難者対策条例・努力義務)が制定されました。災害時の備蓄といえば、水や食料、毛布等を思い浮かべますが、電気機器に囲まれた生活をしている我々にとっては「電源の確保」も不可欠になっています。

これに対してリチウムイオン蓄電装置 CUBOXは、スイッチひとつで稼働させることができるので、どなたでも簡単に電源の確保をすることができます。今後の防災・BCP対策(電源の確保)としては自家発電機・ポータブル発電機以外にも最低限の電力を確保する為に、誰でも使用できる蓄電池、バッテリーの導入は必須です。

災害医療現場で信頼できる蓄電池CUBOXは、精密機器への安定した電源として、活躍しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です